1900回以上配達の私が使っている装備公開中!
読むにはここをタップしてけろ

【口先だけはNG】カード会社受けるなら悪いこと言わないからフィンテック系サービス使っとけという話

キャッシュレス

つちやみ

就活でよく聞くフィンテックという言葉

つちやみ

口先だけはNGとはどういう意味なのでしょうか?
コインチェック

カード会社就活2大バズワード

当サイトでも何度も紹介している2大バズワード、

  • フィンテック
  • キャッシュレス

カード会社の就職説明会で登場しない会はないですし、ES面接でももはや必須のワードとなっています。

 

フィンテックとは、ファイナンス×テクノロジーから生まれた造語です。

Finance×Technology→FinTech という感じ。

あらゆる分野をテクノロジーで解決しようとする〇〇テックという言葉は最近の流行りです。

カード会社を始め、金融業界全体が、フィンテックに注目しています。

 

キャッシュレスとは、現金を使わず支払いを済ませることを指します。

これまでお店の人に小銭=キャッシュを渡していましたが、キャッシュが不要=レスになるのでキャッシュレス。

キャッシュレスの手段としては

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済

などがあります。

カード会社にとって電子マネースマホ決済の成長は超脅威。

電子マネーやスマホ決済とどう戦っていくか、

あるいは自社サービスとしてどう取り込んでいくかに、どのカード会社も必死となっています。

フィンテックに興味あるのは当たり前

フィンテックやキャッシュレスがバズワード(流行り言葉)となった今、就活生としてこれらの分野に興味あるのは当たり前です。

カード会社を受けるなら、

「キャッシュレスが進むことで支払いが楽になり

財布の紐もゆるむことで、

消費が増え経済成長に貢献できると思っています」

くらいは当然語れるようになりましょう。

 

さらに言うと、これくらいのことはどの就活生も語ってきます。

「キャッシュレスが経済成長に繋がるので〜」

「フィンテックは将来性があって〜」

は、どの就活生もESなり面接で使うセリフ。

 

では面接官はどこで差を感じるか。

それは「じゃあ実際にあなたは何か使ってたの?」という点。

 

「フィンテックに興味ある」と口先だけで語るのは簡単です。

しかし

  • スマホ決済だけで生活してる人
  • 仮想通貨を始めてみた人
  • 家計簿アプリを使ってみた人

と比べると、口先だけの人はどうしても薄っぺらい語りになってしまいます。

 

反対に自分がそのサービスを使っていて、本当にいいなと思っていれば、面接でも自然と熱がこもるはずです。

自分はちょうどバブルのタイミングだったこともあり、学生時代から仮想通貨取引を始めました。

面接でもそのことを話し、仮想通貨やその背後にあるブロックチェーン技術、

さらには仮想通貨取引がカード会社に与えそうな影響などを力説しました。

「こいつは本当にフィンテックに興味あるんだな」

と思ってもらえたのか、無事行きたかった三菱UFJニコスから内定をもらえました。

 

そんな感じで、カード会社に本当に受かりたければ、自分でフィンテック系サービスを使ってみましょう。

カード会社就活生が使うべきサービス一覧

では実際にカード会社を受ける就活生が使っていれば有利となるサービスを挙げていきます。

フィンテック系サービスは使っていれば使っているだけ有利。

会話の引き出しも広がるし、グループディスカッションなどで知識が生きることもあります。

ここに挙げたものくらいは、片っ端から登録して使ってみましょう。

無料で武器になってくれるのだから、使わないのはマジで損だと思います。

御社カード

一番鉄板なのは受ける会社が発行するカード。

御社が発行するカードなので、御社カードと呼ぶことにします。

「あなたの会社が第一志望です!」

「カードは使ったことないけど!」

では拍子抜けです。

無料で作れるカードでいいので、御社カードは最低1枚作っておきましょう。

 

さらに上を目指すなら、御社カードを使ってみて

  • メリット
  • デメリット

が語れるようになると完璧。

銀行系カード会社を受ける人は、一度楽天カードも使ってみてください。

ポイントの溜まりやすさや、アプリの使いやすさが桁違いです。

この現実を踏まえ、「銀行系カード会社が楽天カードに勝つには」

を考えることができたら、即内定が出るはずです。

合わせて読みたい

カード会社の社員だった自分が友達に「結局何のカードがいいの?」と聞かれた時に答えていたカードを紹介します

電子マネー

  • Suica
  • nanaco
  • iD

といった電子マネーも、カード会社就活生なら当然使っていないといけないサービスです。

Suica交通系電子マネーはほとんどの人が使っていると思いますが、

今はモバイルSuicaも登場しています。

Apple Payと連携してAppleWatchで使うこともできます。

キャッシュレスに関心があれば、ここまで試してメリット・デメリットを語れるようになっておきましょう。

合わせて読みたい
AppleWatch(アップルウォッチ)を着けながらUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしてみたら快適すぎわろた【通知が届きます】

 

iDはポストペイ型の電子マネーです。

ポストペイとは、後払い式ということ。

電子マネーはチャージして使うのが一般的ですが、ポストペイ型はクレカなどと連携させ、

後から請求が来ます。

代表的なポストペイ型電子マネーは、iDQUICPay

iDは三井住友カードが運営していて、QUICPayはJCBです。

その辺りの背景知識まで持っていると、かなり差をつけることができると思います。

 

イオンクレジットサービスを受けたい人は、WAONを使ってみて、ポイントの溜まりやすさなどを実験してみましょう。

イオン系列のお店と相性がいい電子マネーです。

スマホ決済

スマホ決済も定番中の定番。

スマホ決済で生活してみたら便利すぎたので、世の中にキャッシュレスを広めたい、

と思えれば志望動機が完成します。

代表的なのは

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • d払い

など。

origami pay(オリガミペイ)という結構大きめのベンチャー企業もありましたが、

メルペイに買収されました。

メルペイはフリマアプリでおなじみのメルカリが運営するサービスです。

といったスマホ決済周りのニュースも抑えておくと、面接で役立つかもしれません。

仮想通貨

フィンテック系サービスの代表格です。

バブルが起きたことで一躍有名になりました。

認知度が高いので、共通の話題として話に上がりやすいです。

「フィンテックと言えばあれあれ、仮想通貨とかやってる?」

といった感じ。

カード会社を受けるなら、世間話として

「ビットコイン少しだけ買ってみました笑」

などと返せるようになっておきましょう。

 

仮想通貨を取引するには取引所に登録が必要です。

登録には個人情報の入力が必要。

この辺も自分でやってみて、登録の楽さ/不便さ、

登録が不便だとすれば、セキュリティの観点からなぜ不便な登録が必要なのか

などを語れるようになっておけば完璧です。

初心者が登録するならコインチェックで十分でしょう。

さらにハマったら、ビットフライヤー→バイナンス(海外取引所)と進んでいきましょう。

コインチェック

 

※以下準備中

ここまで紹介したサービスを先に試しといてください。

家計簿アプリ

ネットバンキング

ネット系証券

 

合わせて読みたい
オーディブルサムネ アマゾンのオーディブルにて高額英語教材が無料で手に入ってヤバかった【就活の勉強も】 デラックスレーサーのアイキャッチ画像 【高級椅子】DXRACER(デラックスレーサー)とかいうゲーミングチェア買ったらガチで最強だったのでレビュー カード会社の様子イメージ カード会社はホワイト?ゆーて金融はブラックっしょ【2年間潜入調査してきたので暴露します】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です