いまだに仮想通貨の口座持ってない人は
けっこうヤバめです
バブル再来?【解説記事こちらから】

クレジットカードの国際ブランド・運営会社・提携会社の違いを解説【カードに色々載ってて意味不明】

つちやみ

クレジットカードには色々な会社名が書いてあります

つちやみ

前職はカード会社社員で、フィンテックオタクの私が、カード運営の裏側を解説していきます!

クレジットカードには色々な会社名が

クレジットカードの券面を見ると、様々な企業名が書いてあります。

VISA、Master、JCB、ANA、東京メトロ、西武、三井住友、三菱UFJ、楽天、セゾン・・・

いまいち「何のカードなのか」分かりにくいのがクレジットカードの特徴。

実はこれ、クレジットカードの運営の複雑さが原因なんです。

クレジットカードがどのように運営されているのか分かれば、カードに書いてある会社の意味も分かります。

一度分かるとスッキリするので、是非この記事で理解しちゃってください。

カードの運営に登場する企業

クレジットカードの運営に携わる企業は、大きく3つに分けられます。

国際ブランド、国内カード会社、提携先企業です。

順に解説します。

国際ブランド

国際ブランドとは、世界でクレジットカードが使える仕組みを作っている会社です。

具体的には、

  • VISA
  • Master Card
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB

といった会社があり、クレジットカードの5大ブランドと呼ばれています。

ビザ、マスター、アメックス、ダイナーズは全てアメリカの企業です。

唯一日本のジェーシービーが5大ブランドに入っています。

最近では中国の銀聯カード(ぎんれんカード)を含めて、6大ブランドとする考えもあります。

 

国際ブランドは世界で決済できるインフラを整えたり、世界に向けて宣伝を行います。

VISAカードを持っていれば、世界中どこでも使えるのは、VISAという会社が決済インフラを用意してくれているからです。

決済インフラが用意できても、VISAが独自に世界中でカードを作るのは面倒です。

なぜならクレジットカードはお金関係のビジネスで、国によって法令や文化が違うからです。

 

そこでVISAなどの国際ブランドは、世界各国のカード会社に、カードの発行などを任せています。

カードの発行などを任されているのが、次に紹介する国内カード会社です。

国内カード会社

国際ブランドが用意した決済の仕組みを利用し、実際にカードを運営しているのが、国内カード会社です。

具体的には、

  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • セゾンカード
  • 楽天カード
  • オリエントコーポレーション

といった会社が、国内カード会社です。

カードを発行したり、不正を監視したり、問い合わせに答えるといった、クレジットカードの運営は国内カード会社が行っています。

VISAやMasterからすれば、世界中のカード会社が勝手にカードを増やしてくれて、手数料も貰えれば満足です。

国内カード会社からすれば、自社でシステム開発しなくても、VISAやMasterの仕組みに乗っかれば、世界中で使えるカードを発行できるので楽です。

そんな感じで、国際ブランドと国内カード会社はwin-winの関係になっています。

提携先企業

国際ブランドと国内カード会社だけでもカードは成り立つのですが、さらに会社が絡んでくる場合があります。

提携先企業と呼ばれる、クレジットカードとは直接関係のない企業です。

具体的には、

  • JAL
  • ANA
  • Amazon
  • ルミネ
  • 東京メトロ

などです。

これらの会社はクレジットカード会社ではないのに、カードがあったりします。

JALカードでマイルが貯まるのは有名です。

東京メトロのToMeカードでは、地下鉄に乗るとポイントが貯まります。

提携先企業はどのような立場かと言うと、

自社でクレジットカードのサービスをやってみたいので、国内カード会社に依頼してカードを運営してもらっている

という立場になります。

ANAと三井住友カードが手を組んで、ANAカードを発行

東京メトロと三菱UFJニコスが手を組んで、ToMeカードを発行

といった感じ。

ポイントの仕組みが手に入れば、マーケティング上有利です。

そこでカード会社に頼んで、自社のカードを作ってもらっているのです。

※実際にはJALの下にJALカード(株)という子会社があったりして、提携先企業と国内カード会社の関係はもう少し複雑な場合があります。

JCBは国際ブランドであり国内カード会社

  • 国際ブランド
  • 国内カード会社
  • 提携先企業

の関係を理解したかテストするいい例として、JCBがあります。

JCBは日本のカード会社で唯一、国際ブランドであり、国内カード会社でもあります。

世界で決済できるインフラを整えるだけでなく、日本国内でカードの運営もできるということです。

 

国際ブランドであるため、他の国内カード会社にインフラを貸すこともできます。

例えば、「三井住友JCBカード」「三菱UFJ JCBカード」というカードを作ってもらうことができます。

 

余談ですが、就活市場において、JCBだけ異質な存在です。

平均年収も桁違いだし、倍率も高いです。

それはJCBが国際ブランドの側面を持っているからで、他の国内カード会社にない仕事をしているからです。

世界中に支店があったりして、海外転勤もあるようです。

日本のカード会社というよりは、世界中で活躍する総合商社のようなイメージなので、就活の際は注意が必要です。

 

少し話がそれましたが、JCBは国際ブランドであり、国内カード会社であるということが理解できれば、この記事の内容はOKです。

運営会社を理解して賢く使おう(まとめ)

クレジットカードの仕組みが理解できると、賢く使うことができます。

ポイントの仕組みを理解したり、審査の裏側が分かったりします。

三菱UFJカードが作れないと思ったら、実はJALカードで過去に延滞していたことが原因だった、ということもあり得ます。

JALカードを裏で運営しているのが三菱UFJニコスならば、過去のJALカードの記録を見られてもおかしくありません。

キャッシュレスが流行りとなっていますが、今回の記事などを参考に、キャッシュレスをうまく利用してもらえたら幸いです。

 

では今回は以上になります。

この記事が役立ったと思ったら、下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です