【今だけ急募!】
配達を始めると3万円入ります
招待コードはここから(タップ)

巷のリース業界就職難易度が怪しいので訂正してみた【就職偏差値ランキング】

誰が作ったか分からないリース業界ランキング

Googleで検索するとよく「〇〇業界就職ランキング!」なるものが出てきます。

就活生の頃(18卒)から思っていましたが、誰が作ったか分からず信憑性に乏しいです。

ミルクボーイのコーンフレークネタで言えば、生産者の方の顔が見えず不安です。(古い)

2年弱とはいえ三菱UFJニコスに勤め、あいまいに就活サロン等を立ち上げ、就活生・内定者・社員等とも交流がある私くればくが、より実態に近いランキングを考えてみます。

 

関連記事

【通称くればく】クレジット業界を暴露する人の有益ツイートまとめ【選考情報から裏事情まで】 巷のクレジットカード会社就職難易度ランキングが意味不明なので訂正します【就職偏差値】

 

MEMO

この記事を読んで分かること→本当のリース業界就職難易度ランキング

 

リース業界へ転職したいなら必須です↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

リース業界内定者の意見を参考に難易度考えてみた

とは言っても自分自身の就活ではリース業界に注力していなかったので、よく分かりません。

今回は匿名を条件に情報提供してくれた21卒内定者の方の意見を元に作ってみました。

彼は先輩情報・インターン・本選考の面接等から総合的に判断したようです。

 

四季報の情報と照らし合わせても、内定者の方の意見で大体合ってそう。

四季報(総合職版・21卒向け&22卒向け)で参考にしたのは

  • 採用人数
  • 内定実績校
  • 倍率

です。

 

実態に近いリース業界就職偏差値ランキング

そもそも「偏差値」とは母集団の中の立ち位置を示す値で、誰かが主観的に「偏差値60だ!」などと決めるものではありません。

一方で「偏差値60」と聞けば、「集団の中からかなり飛び抜けなくてはいけないんだな」直感的に分かるのも事実。

偏差値という概念の本来の使い方とは異なりますが、今回はあえて偏差値ランキングという形式を採用しています。

 

 

65 オリックス(本体)

 

60 三井住友ファイナンスリース 

59 三菱UFJリース

   東京センチュリー

57 芙蓉総合リース

   NTTファイナンス

56 JA三井リース

55 みずほリース

(54 日立キャピタル)

53 住友三井オートリース

52 三菱オートリース 

   オリックス自動車

   NECキャピタル

   三井住友トラストパナソニックファイナンス

   リコーリース 

   東銀リース

50 昭和リース

 

※日立キャピタルは三菱UFJリースに吸収合併(2021年4月)

 

リース業界各社の解説

オリックス

リース業界で圧倒的人気と、圧倒的就職難易度を誇るのがオリックスです。

日本で最も歴史のあるリース会社の一つで、不動産、銀行、クレジット、ベンチャーキャピタル、プロ野球球団など、多角経営に成功しています。

四季報22卒掲載の平均年収は1063万円

疑うことなき高給ホワイト企業です。

 

倍率は非公開となっていますが、100倍超えが予想されます。

採用人数は50名ほどと考えられます。

 

内定者の実績校を見てみると、東大、京大、阪大、名大、北大、一橋大、神戸大、筑波大、千葉大といった難関国立大学が勢揃いしています。

早慶、上智、マーチ、関関同立といった難関市立大学も多数内定している模様。

採用のボリュームゾーンは相当高学歴集団と予想されます。

(四季報の内定実績校は、グループ企業のオリックス自動車、オリックス生命保険、オリックス銀行、オリックスレンテック、オリックスクレジット、オリックスシステムを含んだものです)

 

リース業界へ転職したいなら必須です↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

三井住友ファイナンスリース

次に人気なのが、三井住友ファイナンスリースです。

三井住友FGと住友商事の関連会社であり、財閥Gのネームバリューが強みです。

四季報掲載の平均年収は879万円となっていますが、総合職のみの平均だと1000万円を超えるでしょう。

こちらも高給ホワイト企業です。

 

倍率は非公開となっていますが、数十倍〜100倍になると予想。

20卒の採用人数は63名です。

 

内定者の実績校を見てみると、早慶上理、マーチ、関関同立といった難関私立大学がボリュームゾーンのよう。

成蹊、武蔵、東洋、明学、日本女子、東海、西南学大といった中堅私大からの採用もあるようです。

 

三菱UFJリース

次に人気なのが、三菱UFJリースです。

三菱UFJFGと三菱商事の関連会社で、三菱Gのネームバリューが強み。

2021年には業界大手だった日立キャピタルを吸収合併しており、今後も勢力を拡大することが予想されます。

平均年収は810万円と公表されていますが、総合職のみだと1000万円を超えるでしょう。

高給ホワイト企業の代表格です。

 

採用人数は35名と少ないです。

倍率は非公開ですが、採用人数の少なさから、相当な難易度になると予想。

数十倍から、場合によっては100倍を超える年もあるのではないでしょうか。

 

内定実績校を見てみると、早稲田、明治、上智、中央、関学、同志社といった難関私大の他、千葉大などの難関国立から内定者が出ているようです。

 

東京センチュリー

三菱UFJリースと同じレベルの難易度を誇るのが、東京センチュリーです。

伊藤忠商事の関連会社で、2016年に東京センチュリーリース→東京センチュリーに名前が変わっています。

平均年収は847万円と公表されていますが、総合職だけだともっと高くなるはず。

倍率は非公開ですが、18名という採用人数の少なさから、相当な倍率になると予想されます。

 

内定実績校を見てみると、早大、慶大、上智、立命館アジア、同志社、立教、関学といった難関私大の他、北大、東京外大、神戸大といった難関国立からも採用されているようです。

 

芙蓉総合リース

最後に紹介するのが、芙蓉総合リースです。

みずほFGの系列会社で、日本の伝統的なリース会社の一つです。

総合職の平均年収は954万円と公表されており、ホワイト高給企業です。

20卒採用人数は41人と、リース業界の中では普通か多めな方ですが、金融業界として考えると少数。

倍率は非公開ですが、数十倍はあると覚悟しましょう。

 

内定実績校を見てみると、阪大、横国大、東京都立大といった国公立大の他、早稲田、マーチ、関関同立といった難関私大からの採用が目立ちます。

学習院、奈良女子、武蔵、東洋、専修、津田塾、学習院女子といった中堅私大からの採用もあるようです。

 

リース業界はホワイトだが狭き門

リース業界各社は年収1000万円を目指せる高給企業でありつつ、銀行ほど激務ではないと言われるホワイト高給企業です。

しかし採用はどこも数十名ほどで、金融業界にしては狭き門です。

特にオリックスなど超人気企業になると、難関国立大の学歴が必要になるなど、競争は激化します。

リース業界志望者は入念な準備と、相当なポテンシャルが要求されるでしょう。

リース業界の勉強をする際は、弊サイトの就活記事や、運営者のくればくさんをチェックして参考にしてください。

 

リース業界情報も募集してるので、Twitter質問箱で気軽に話しかけてください!

くればくさんのTwitterを覗いてみる

 

なおリース業界へ転職したいなら、最大手のマイナビ金融登録必須です。

忘れないうちに見ておきましょう↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

合わせて読みたい

巷のクレジットカード会社就職難易度ランキングが意味不明なので訂正します【就職偏差値】 MUFG 【2020ニコス課題】キャッシュレスが普及しない理由と解決策の回答例【元社員が解説】 【22卒smcc内定者】早期選考情報その他就活アドバイス【カード会社はインターン優遇】 【通称くればく】クレジット業界を暴露する人の有益ツイートまとめ【選考情報から裏事情まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です