【今だけ急募!】
配達を始めると3万円入ります
招待コードはここから(タップ)

退職代行使ってメガバンク辞めてしまった受総研氏に代行のことや今後の話を聞いてみた【破滅】

今回お話を聞いたのは・・・

皆さんこんにちは。

MUFG辞め太郎こと、つちやみと言います。

知らない方のために自己紹介しておくと、早稲田を卒業後、カード大手三菱UFJニコスに就職しましたが、2年足らずで短期離職しています。

ウーバーやブログやカレー屋をやりながら暮らしている曖昧無職です。

 

今回はわたしの友人、みずほ銀行辞め太郎こと、受総研氏に、退職した際の様子をインタビューしてみました。

彼は退職代行サービスという最近流行のあれを使って、会社に相談することなくブッチ退職したらしいです。

仕事を辞めたい人、転職したい人、退職代行を使ってみたい人は参考にしてください。

てかメガバンク辞めるなよ・・・(ブーメラン)

 

転職話、退職話はDMにて教えてください

MUFG辞め太郎のTwitterへ

※薄謝あり

 

退職代行レビュー記事

世界初のサブスク式退職代行サービス、ヤメホーが新しすぎるので解説【月額3300円で辞め放題?w】

 

会社を辞めて稼ぐスキルつけたい人

ブログで一攫千金したい人に立ち上げノウハウ伝授+初期サポート始めます【月収5万ブロガー】

 

退職してみた方情報

退職者プロフィール

  • 名前:受総研
  • 早稲田19卒
  • YouTube始めた

 

辞めた企業

  • みずほ銀行
  • 東京の支店
  • 渉外担当の部署

 

辞めた理由

メガバンクの仕事に対して、絶望的に適性がなかったです・・・

仕事中はいつも、同僚や上司の学歴を調べて、表にまとめたりしていました。

メガバンには高学歴出身者が多く、そこは感動しました。

同僚との不仲も、大きな理由です。

 

退職代行使ってメガバン辞めてみた

 

退職代行の流れについて

利用したのは、株式会社リスタートというところの退職代行サービスです。

実際の流れは以下の通り。

  1. 退職代行会社に連絡する
  2. 退職準備をする
  3. 有給休暇を消化する(出勤ブッチ)
  4. 消化しつつ残りの処理をする
  5. 退職

 

最終出勤日まで

残ってる有給休暇を逆算して、最終出勤日の1週間前あたりに連絡しました。

連絡するとすぐ、業種勤続年数、退職理由等を共有し、退職日までにすべきことを教えてくれました。

最終出勤日までの5日間ほどで、退職に向けての準備を淡々と進めました。

委任状を書いたり、引継ぎ事項を作ったり、デスクに社員証を入れたりという感じです。

最後に退職届を作って、最終出勤日にデスクに入れておきました。

 

↑代行業者とのやり取り

 

有給消化開始

有給消化が始まる日になったら、特に会社には何も言わず休暇を取り始めました。

出勤せずブッチした感じで、その後会社に行くことはありませんでした。

退職代行業者が自分のいた支店に連絡を入れてくれました。

事前に自分が仕組んでおいた退職届などが発見され、支店は若干の騒ぎになったそうです。

業者の方から、支店や人事の様子について報告がありました。

いずれにせよ、自分は支店や会社となんのコンタクトを取ることもなく、最終出勤を終えた形になります。

 

弊サイト一押し退職代行↓

 

世界初のサブスク式退職代行サービス、ヤメホーが新しすぎるので解説【月額3300円で辞め放題?w】

 

有給休暇中

残っている有給休暇を1ヶ月ほど取っている間も、多少手続きがありました。

書類の手続きや、保険証の返却などです。

代行業者から指示があるので、指示に従ってるだけでした。

有給消化が終わると、退職日を迎え、晴れて無職になりました。

 

退職代行の費用

代行にかかった費用は33,000円でした。

代行を実施する日=最終出勤日までに入金してください、とのことでした。

 

退職代行で指示されたこと

具体的に受けた指示のまとめです。

指示は電話番号を使ったショートメッセージと、電話で行われました。

  • 退職届&誓約書の作成
  • 詳細な引継ぎ書を作成し、机の中に入れておくこと
  • 最終出勤日までに会社関係のものは全て会社の机の中に入れてくること
  • 退職届と誓約書も必ず机の中に入れておくこと
  • 代行実施日までの入金

 

退職届の作成については、名前と印鑑が少し重なるようにしろ等、厳しめな添削指導もありました。

引継ぎ書を作るのは面倒でしたが、不十分だと職務放棄扱いとなり、懲戒解雇となってしまうため、しっかり作りました。

 

女性の退職代行もあります

 

退職代行使ってみた感想

↑みずほ銀行辞め太郎氏の裏垢

 

退職代行のメリット

退職代行を使ってみた感想としては、会社の人と一度も連絡を取らずに辞められるので、マジで凄いなという感じです。

会社とのやりとりは、本当に全て業者の方が行ってくれます。

退職のことを切り出したり、切り出した後の気まずい雰囲気も感じることなく、一気に出勤しなくてよいのは素晴らしいと思います。

 

退職代行のデメリット

大人しく退職手続きを進めてくれるだけで良いものの、やたら今後のキャリアについて聞かれたり、求めてもいないのに説教じみた進路指導を受けました。

辞めたい人の相談に乗る、というようなフローが用意されてるのでしょうか?

デメリットというまでかは分かりませんが、ちょっとウザかったです。

 

※退職代行業者の中には、次の就職先を紹介してくれるとこもあります。

以下の記事参照

世界初のサブスク式退職代行サービス、ヤメホーが新しすぎるので解説【月額3300円で辞め放題?w】

 

退職代行が気になってる人に一言

 

退職代行はオススメか

職場とすっぱり関係を切ることができるので、本当に限界な人にとってはオススメです。

代行を使うと懲戒解雇扱いになることも稀にあるらしいですが、死ぬよりはマシです。

 

退職代行を使う人にアドバイス

去る前の引き継ぎはちゃんとしましょう。

不十分だと職務放棄扱いで懲戒解雇処分になります。

転職先では前職の書類を提出させられるところが多く、退職理由のところは割と見られます。

 

メガバンを辞めて今後どうするのか

 

当分は転職はしないかな〜という感じです。

バイトでもしながらYouTubeやnote収益で食べていければなと思ってます。

生きていれば人生意外となんとかなるものです。

今後の動向が気になる方や、応援してくれる方は、TwitterのフォローYouTubeのチャンネル登録をよろしくお願いします。

 

みずほ銀行辞めた受総研のTwitter

みずほ銀行辞めた受総研のYouTube

退職代行は便利そうだった(まとめ)

今回は退職代行サービスを利用してメガバンクを辞めた、受総研氏に話をお聞きしました。

わたし(つちやみ)は退職代行を利用せず、普通に上司に話して辞めたので、退職代行の話は新鮮でした。

普通に話を切り出した場合、めちゃくちゃ気まずいし、その後の1ヶ月くらいはかなりの地獄でした。

自分が会社を辞めた理由は、鬱だったり、挑戦したいことがあったり、不満があったりと、退職が決定していたのですが、無駄に説得とかされてうざかったです。

上司は「会社を辞めたら生きていけない」という、典型的な昭和脳で、話しても無駄感が凄かったです。

 

退職代行を使えば、そういった煩わしいやりとりは一切しなくてよさそうなので、神だなという感じ。

多少お金はかかるっぽいですが、新しい人生が始まると思えば安いもの。

気になってる人は退職代行サービスに登録し、詳しい話などを聞いてみましょう。

 

男の退職代行 公式で無料相談 

 

女性の退職代行 公式で無料相談

 

なお受総研氏は自分と同じ、早稲田→メガバンG→謎退職+発信者志望というルートを辿っており、今後が気になります。

Twitterのフォロワー数はすでに2万人おり、YouTubeも立ち上げてすぐにチャンネル登録700人を超えるなど、活躍が期待されます。

気になる方は是非彼をフォローして、今後の動向を見守ってあげましょう。

 

みずほ銀行辞めた受総研のTwitter

みずほ銀行辞めた受総研のYouTube

 

では今回は以上になります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

退職話、転職話の提供はMUFG辞め太郎ことつちやみまでお願いします

(薄謝あり)↓

つちやみ公式LINEへ

つちやみ公式Twitterへ

 

 

合わせて読みたい

世界初のサブスク式退職代行サービス、ヤメホーが新しすぎるので解説【月額3300円で辞め放題?w】 新卒で入社した会社を1ヶ月で脱走してウーバー配達員?破天荒すぎるmさんとは何者なのか 元ウーバー女子まろん氏の、私が配達を辞めた理由【家を出るのが辛かったw】 大手リースに入社してみた人間が内部の実態を暴露します【就活アドバイスも】 新卒メガバンクからカード大手クレディセゾンに転職を成功させたAさんの実話【銀行時代のブラック環境も暴露します】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です