【今だけ急募!】
配達を始めると3万円入ります
招待コードはここから(タップ)

【22卒CTC内定者より】早期選考情報その他就活について後輩に伝えたいこと【早く緩く】

22卒内定者プロフィール

大学、学部

大学名:非公開

学部:国際教養学部

性別:女性

内定先企業

伊藤忠テクノソリューションズ

見ていた業界

IT業界、クレジットカード業界

 

早期選考情報

早期選考のあった企業

  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • オービック

早期選考の内容

夏や冬のインターン後、2月に交流会などがあり、そこからES提出→面接など

 

就活全般で後輩にアドバイス

ESについて

ガクチカや自己PRで動機やモチベについてしっかり書き、それらと志望動機との一貫性を持たせること。

WEBテストについて

IT企業にたまに課せられるweb-CABなどはネットのサイトなどで対策すれば本がなくても解けました。

SPIは青本を買いました。

面接について

とにかく笑顔と愛嬌を意識しました。

機会をいただいたお礼、第一志望であることを伝えていました。

自己紹介や最後の一言は熱意や必死さを出し、面接自体は理由・根拠込みで端的に話すことを心がけました。

自分の弱点も隠さず話しているように見せることで、フィードバックでは素直さを評価していただきました。

IT業界について

私は主にIT業界を見ていましたが、文系であることもあり具体的な業務面での差別化が説明会では理解できませんでした。

マッチャーでOB訪問をしたことで、かなり面接で使える知識を多く得ることができました。

私は全て文章でのやりとりでした。

 

就活を通して後悔してること

夏のインターンからもっとたくさんの企業を見ればよかったと思いました。

ネットのサイトで業界のホワイト企業を探してからオープンワークで詳しく確認する、という方法をもっと早くとりたかったです。

 

その他アドバイスなど

早く始めれば始めるほど、後半はゆったりやっても大丈夫で精神的に余裕ができますし、選考自体も通りやすいように思います。

楽をしたい人程早く始めて緩く長くすることをおすすめします。

 

 

関連記事

【金融業界の事実】22卒の現役就活生が語る、就活の本音〜その4〜【オンライン就活のメリット】 【選考には関係ありません】22卒の現役就活生が語る、就活の本音〜その1〜【結論:就活はクソ】 【ESは人事次第】22卒の現役就活生が語る、就活の本音〜その2〜【グルディスは適切?】 【本音で臨んだ失敗談】22卒の現役就活生が語る、就活の本音〜その3〜【正直すぎも失礼?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です