【今だけ急募!】
配達を始めると3万円入ります
招待コードはここから(タップ)

三井住友ファイナンス&リースの早期選考情報を暴露します【22卒内定者より】

三井住友ファイナンスリースの早期選考情報が届いた

この記事を書いているのは、カード大手三菱UFJニコスを1年10ヶ月ほどで短期離職した人間です。

クレジット業界を暴露する人=くればくさんとして、就活サロンを立ち上げたりしています。

カード業界やリース業界の就活記事も書いています。

今回はそんなくればくさんの元に、22卒の就活生から、早期選考情報が届いたので暴露していきます。

 

就活情報、企業情報、その他就活生の役に立ちそうな情報がある方は、くればくさんのTwitterまでお願いします。

社会人の方は会社の愚痴でも吐いてくれると、就活生の参考になったりするので遠慮なく。

目標は主婦バイトが書いているであろう、しょうもない就活サイトをGoogleSEOで撃破することです。

 

関連記事

【通称くればく】クレジット業界を暴露する人の有益ツイートまとめ【選考情報から裏事情まで】

 

リース業界への転職には必須です↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

三井住友ファイナンス&リースとは

三井住友ファイナンスリースとは、リース業界の大手企業です。

SMFGと住友商事の出資会社であり、メガバンクGと総合商社のネットワークを活かした総合リース会社であることが強み。

公表している年収は879万円と高く、就活生からの人気が高いホワイト企業です。

以下に簡単に情報をまとめておきます。

 

三井住友ファイナンス&リース基本データ

※22卒向け総合職四季報より

三井住友銀リースと住商リースの合併で発足。船舶・航空機から不動産まで総合展開。リース資産残高首位。M&Aで航空機リースで世界屈指の存在に。19年春グループリース事業の再編完了。住友商事が出資率引き上げSMFGとの折半出資に。20年ヘリコプターリース本格進出。

 

  • 採用人数:63名
  • 倍率:非公開
  • 3年後離職率:3.7%
  • 有給取得平均:16日
  • 平均年収:879万円(総合職との指定なし)
  • 平均年齢:42歳

 

採用実績大学例

早稲田、成蹊、関西学院、明治、同志社、千葉、立教、法政、武蔵、東洋、中央、神戸、上智、明治学院、・・・

 

業績

  • 売上高:1兆5113億円
  • 営業利益:894億円
  • 経常利益:903億円
  • 純利益:612億円

※2020年3月決算

 

三井住友ファイナンス&リースの早期選考

以下、22卒の内定者の方からの情報です。

 

リース業界への転職には必須です↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

 

22卒内定者より

8月中旬〜9月上旬の夏インターンに参加することで他の学生と比べてかなり早く選考が始まり、早く内定をとることができます。

インターン後、11月上旬にインターン生だけに同窓会という形で社員座談会が用意されます。

 

その後、1月上旬に早期選考のお知らせが来ます。

今年の早期選考組のES締切は1/24で、非常に早い時期から選考が始まりました。

その後、2月上旬に1次面接、2月下旬に2次面接があります。

今年はその2次面接後に企業理解としてOB訪問のお知らせが来ました。

このOB訪問は参加の有無が面接に全く関係しませんでした。

(私は参加しないで内定を頂きました。)

 

そして3月上旬に最終面接が行われ、1週間後(これは受けた時期によって異なります)に内々定の通知が出ます。

これがsmfl内定の最短コースになります。

(人事に言われました。)

 

しかしsmflは、インターン生以外にも早期選考ルートを用意しており、このルートが1番効率の良いルートだと思われます。

それはofferbox経由の早期選考です。

LINEのオープンチャットでも話題になってましたが、インターンにも何も参加していない学生に早期選考を行う旨のofferがきたようです。

このルートに乗れると、インターン組と全く同じ早さで選考が進んで内定を取れます。

インターン組に比べて不利ということも無く、私の友人もこのルートで内定を頂いていました。

以上がsmflの早期選考ルートの説明でした。

 

※offerbox(オファーボックス)とは

 

OfferBoxは、企業が興味をもった学生にオファーする就活サイトです!

現在、197,000人の学生がプロフィールを登録し、企業からのオファーを受けています。
大手・ベンチャー・官公庁など、 8,307社以上の企業 が学生にオファーを送信中。
企業が学生に送るオファー数には上限が設定されています。
そのため、企業はあなたの自己PRやエピソードなどのプロフィールを読み、1通1通厳選してオファーを送ります。

 

オファーボックス公式サイトより。

学生が登録しておくと、企業から採用オファーが届くサイトのようです。

利用者や利用企業が急拡大しており、三井住友ファイナンスリースのような伝統的な大企業も利用している模様。

就活生は登録必須かもしれません。

 

三井住友ファイナンス&リースはガッツリ早期選考していた(まとめ)

今回は22卒の就活生の方の情報を元に、三井住友ファイナンスリースの早期選考実態に迫ってみました。

カード業界・リース業界はインターンで早期選考をしていることが多く、知らないと大幅に出遅れます。

筆者も就活生時代、三井住友カードの早期選考を知らずに撃沈した思い出があります。

リース業界を見ている就活生の方は、くれぐれもインターンや早期選考に乗り遅れないように気をつけましょう。

 

では今回は以上になります。

カード・リース業界の情報は今後も更新していくので、Twitterをフォローしてチェックをお願いします。

就活情報、会社の内部事情を語れる人は、常に情報募集中です。

同じくTwitterまでお願いします。

くればくさん(運営者)のTwitterをチェック!

 

なおリース業界へ転職を考えている社会人の方がいたら、最大手マイナビ金融への登録必須です。

忘れない内に登録だけしておきましょう↓

マイナビ 金融AGENT

マイナビ金融に無料登録して求人をチェック!

 

カード・リース業界を見ている就活生の方がいたら、この記事をシェアして教えてあげてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

合わせて読みたい

巷のリース業界就職難易度が怪しいので訂正してみた【就職偏差値ランキング】 【22卒オリックスレンテック内定者】早期選考情報その他就活体験記【カード・リースはインターンで決まる】 新卒メガバンクからカード大手クレディセゾンに転職を成功させたAさんの実話【銀行時代のブラック環境も暴露します】 巷のクレジットカード会社就職難易度ランキングが意味不明なので訂正します【就職偏差値】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です