【今だけ急募!】
配達を始めると3万円入ります
招待コードはここから(タップ)

【悲報】出前館先生、配達員を奴隷としか思っていないことが判明してしまうww【春のチキチキ配達ラットレース】

突如投稿された出前館の「お給料バトル」

 

 

出前サービス大手出前館が、突如「出前館の配達パートナー限定!お給料バトル!」なるものを開催すると発表。

内容を見てみると、業務委託配達員参加型のイベントで、配達件数が多かった1位〜3位に賞金を与えるとのことです。

 

出前館「お給料バトル」に対するTwitterの反応

https://twitter.com/takecchi_fx/status/1381595793593835523?s=20

 

出前館の発表に対し、Twitter上の配達員達は即座に反応。

  • 配達を急かすなんて危険
  • 事故が起きたらどうする
  • またウーバーのせいにされる
  • 出前館は頭おかしい
  • クーポンよこせ

 

と、一瞬にして炎上してしまいますww

 

出前館公式ツイッターの反応

ここまででも十分面白いですが、直後の出前館の対応も衝撃的。

 

なんと、発表したばかりの「お給料バトル」を中止すると発表w

開催発表ツイートからわずか3時間。

まさかの手のひら返しにツイッター民も驚愕します。

 

https://twitter.com/Roots_Uber/status/1381592158126284806?s=20

 

 

wwwwww

 

キャンペーンはよく考えてから発表しましょう

今回の出前館の騒動は、あまりにお粗末と言わざるを得ません。

配達に競争要素を持ち出せば、配達員が焦って事故に繋がることは簡単に想像できます。

「ゆっくり配達」を促すならまだしも、「競わせて急かす」など信じられません。

まさに配達員を奴隷としか思っていないことが発覚してしまった形です。

きっと企画者は配達したこともないのでしょう。

「こんな企画やったらおもろくね?w」「企画した俺ら天才w」とニヤニヤする担当者の姿が目に浮かびます。

 

デリバリーサービスは成長産業であり、当事者企業である出前館には冷静かつ関係者全員がハッピーになる行動を示してほしいものです。

 

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です