確定申告がめんどい季節になりました
安く会計アプリを使う裏技公開中
【解説記事こちらから】

【最高値更新なるか?】じわじわ上がって来てるビットコインにいつでも乗れる用意をしておきましょう

また値段が上がってきてる(2020年11月17日現在)

2020年11月17日現在、ビットコインの価格が再び上昇中です。

ブームとなった2017年後半には200万円を超える値を付けましたが、現在は175万円ほど。

過去の最高値に復帰する勢いです。

 

2020年12月続報↓

【個人から企業へ?】ビットコインが2017年バブル時の最高値を更新しました【2021年再注目の理由を紹介】

最高値更新すればムーン?

最高値を更新し、永遠に値段が上がり続けるかのような状態を、月に向かってロケットが発射される様子になぞらえ、仮想通貨業界では「ムーン」と呼びます。

投資やトレードの世界では、過去の最高値は非常に大きな意味を持ちます。

「天井」「レジスタンスライン」などと呼ばれ、多くの投資家が意識します。

過去の最高値で弾き返されれば下落に転じ、反対に突破することができれば新たな上昇局面に入るからです。

ビットコインの場合、過去の最高値を更新した場合、最高3000万円(現在の約17倍)に到達するという説もあります。

もちろん最も希望的な意見ですが、過去の最高値を更新すれば、「ムーン」する可能性は大いにあります。

※もちろんいつでも暴落する可能性もあります

参考 ビットコイン、2021年末までに3000万円超えは現実的かーシティバンクがレポートcoindesk

結局ビットコインってなんなの?

自分はバブルの頃から仮想通貨を知ったのでもうすぐ歴は3年ほどになりますが、いまだに「ビットコインって何」という方に軽く解説したいと思います。

変動が大きい投資商品

仮想通貨、その中でも代表的なビットコインは「値動きが大きい投資商品」です。

一般ユーザーというか、取引する人としてはこれだけの理解があれば十分だと思います。

暴騰や暴落を繰り返すのがビットコイン。

一度バブルが来れば数ヶ月値上がりし続け、当初の数十倍の値上がりを見せたりします。

(例:2017年のバブル)

反対に暴落し始めると底無し沼のように暴落を続けます。

(例:最高値の200万円から30万円まで下落)

ハイリスクハイリターンな投資商品です。

将来性がある

短期的には暴騰と暴落を繰り返すビットコインですが、長期的に将来性があるとされているのも特徴。

話題になるや否や世界中で取引され、日本のそこら辺の大学生も始めたくらい、世界中に浸透しています。

例えば今後「米ドル」のように世界の基軸通貨となれば、需要はさらに拡大します。

もちろん値動きが大きすぎるなどの課題はありますが、長期的に伸びると言われています。

ブロックチェーンと呼ばれる技術を応用

ビットコインが注目され、今後拡大するとされる背景には「ブロックチェーン」と呼ばれる技術への期待があります。

日本語では分散型台帳技術などと訳され、取引の記録に特徴があります。

これまでの記録はホストコンピュータと呼ばれる中央システムで行われていました。

ブロックチェーンによる記録には「中央」が存在せず、多数のコンピュータが相互に計算することで取引を記録しています。

中央を守るのではなく、相互に監視してれば改竄されないという逆転の発送で、今後様々な記録分野に応用が期待されています。

仮想通貨分野もその一つで、各国の中央銀行のシステム等を介さずに、世界中の取引が可能になります。

バブルが来てから口座開設では遅い

  • 投資、トレードの技術
  • ブロックチェーンの理解

はそれぞれ奥が深すぎて、サクッと全てを解説することはできません。

とりあえず小額からでも始めてみて、実践しながら学ぶのが一番効率がいいです。

興味をもって手を動かすと理解も早いです。

バブルになると口座開設が殺到する

仮想通貨の口座開設には通常でも1〜2週間の時間がかかります。

マネーロンダリング防止法などに基づき、本人確認をする必要があるからです。

ただでさえ時間がかかるのに、バブルとなればどうなるかは想像できるはず。

数週間から1ヶ月の時間がかかり、開設できた頃にはバブルが終わっているでしょう。

仮想通貨はとりあえず口座を持っておき、普段から勉強し、チャンスがあれば買ったり売ったりするものです。

令和に生きる皆さんは一つくらい口座を持っておこう

いつバブルが来てもいいように、一つくらい口座を持っておくのが現代人だと思います。

自分は仮想通貨が1番盛り上がった学生時代に口座開設しましたが、実際に取引すると知識も増えていって楽しいです。

1ビットコイン=170万円などと聞くと庶民には買えなそうですが、実際は0.01ビットコイン=1万7千円とかから買えたりします。

少しでも保有してみると、ニュースも自分ごとのように感じられます。

口座開設し、小額から取引開始してみることをオススメします。

※ビットコインをはじめとする仮想通貨に暴落はつきものなので、必ず「小額から」取引することをオススメします。

※私を含め素人が騒ぎ出すと暴落することはしょっちゅうあります。口座開設まではした方が良いと思いますが、購入は各自のリスク感覚でお願いします。

コインチェック

仮想通貨を購入するには専用の「取引所」で口座開設する必要があります。

銀行に三菱UFJや三井住友といった種類があるように、仮想通貨の取引所にも種類があります。

実際の店舗があるわけではないので、サイトから申し込むしかありません。

 

初心者に選ばれている一番メジャーな取引所はコインチェック

一時期仮想通貨流出が話題となりましたが、話題となるほど大きな取引所である裏返しです。

取引できる通貨の種類は14種類。

一番メジャーなビットコインも当然購入できます。

アプリダウンロードは295万件を達成し、日本トップのようです(2020年6月)

コインチェック公式で口座開設する

 

関連記事

【個人から企業へ?】ビットコインが2017年バブル時の最高値を更新しました【2021年再注目の理由を紹介】

ビットフライヤー

ビットフライヤーも日本最大級の仮想通貨取引所です。

社長の加納さんは日本ブロックチェーン協会の会長も務めていて、日本のブロックチェーン分野の第一人者です。

取引所できる通貨の種類は11種類。

コインチェックより数は少ないものの、審査を突破した代表的な仮想通貨を購入することができます。

当然ビットコインも購入可能。

 

ライトニングと呼ばれる高速ツールが特徴で、少し慣れてきたらメリットが分かると思います。

自分はコインチェックとビットフライヤーの二つの口座を持っています。

 

DMMビットコイン

DMMビットコインも日本の大手取引所です。

取り扱う通貨は現物が4種類、レバレッジ取引が18種類です。

レバレッジ取引で多くのアルトコインを扱っているのが特徴で、レバレッジ取引とは実際の数倍の金額をトレードできる仕組み。

10万円しか元手がなくても、4倍のレバレッジをかければ40万円のトレードができます。

この辺は全くの初心者は「?」となってしまうと思うので、DMMビットコインは中級者以上向け。

コインチェックやビットフライヤーから始め、「レバレッジ取引こんなできるとか凄いやん」と凄さが分かったらDMMビットコインも口座開設すれば良いと思います。

 

趣味としてオススメです(まとめ)

仮想通貨、あるいはトレードの世界は奥が深く、極めればそれだけで生活している人もいる世界です。

ただ初心者のうちからそこまで利益をあげるのは難しく、FXの技術が必要です。

「一攫千金してやろう」とまで考えると痛い目をみますが、趣味としてやる分にはかなりオススメです。

特にまたバブルが来れば、初心者でも買って放置してれば利益が出ます。

もちろん買った瞬間に暴落することや、放置してたら暴落することもしょっちゅうですが、やってみないことには何も分かりません。

とりあえず小額から始めてみて、仮想通貨やバブルの面白さを知ってもらえればと思います。

 

では今回は以上になります。

この記事がいいなと思ったらツイートに「いいね」「リツイート」お願いします。

ありがとうございました。

 

初心者に一押しのコインチェック↓

コインチェック

 

合わせて読みたい
【個人から企業へ?】ビットコインが2017年バブル時の最高値を更新しました【2021年再注目の理由を紹介】 【仮想通貨初心者向け】コインチェックに登録してビットコインを買うまでを完全解説します 【3月続報】最高値更新したビットコインの暴騰に乗れなかった可哀想な皆さんへ【まだ取引所登録してないの?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です