1900回以上配達の私が使っている装備公開中!
読むにはここをタップしてけろ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文で「現金払い」だと損している話【配達の裏側公開】

現金

つちやみ

Uber Eatsで注文する時、現金払いを選んでいる人もいるはず

つちやみ

現金払いが損とはどういうことなのでしょう?

Uber Eatsではカード払いが推奨されている

2016年にUber Eatsが日本に上陸した際、利用できるのはカード払いのみでした。

2018年に大阪で「現金払い」の実験が始まり、2019年に全国的に「現金払い」ができるようになりました。

綺麗で安全な現金が流通している日本では、世界に比べ現金利用の比率が圧倒的に高いです。

Uber Eatsとしても、

「日本でサービスを拡大するには、現金対応が必要だな」

と考え、現金払いの仕組みを導入したものと思われます。

公式HPにも、

「現金払いなど、多様な仕組みを用意したので使ってください」

という旨の記載があります。

 

しかし当初の方針を考えても分かるように、本音としては「カード払い」が本来の利用方法と想定されているはずです。

現金払いの上限は「1万円」と設定されています。

たくさん使うんだったら、カード登録してね、というウーバーの意図を感じます。

配達パートナーの本音

ここからは配達パートナーの本音を公開します。

事実として、現金払いはあまり快く思われていません。

また、全ての配達パートナーが現金払いに対応している訳ではありません。

現金払いに対応する配達パートナーは少ない

配達パートナーが現金払いに対応するためには、事前の準備や、当日の準備が必要になります。

残念ですが、

「面倒だから対応しなくていいや」

と考える配達パートナーも多いです。

私自身、500回配達するまでは現金払いに対応していませんでした。

それでも普通に稼げていたため、現金払いに対応する必要はあまり感じていませんでした。

現金払いに対応する配達パートナーがいないと、マッチングできないことがあります。

やっとみつかったとしても、遠くにしかいなくて、来るのに時間がかかったりします。

カード払いなら全ての配達パートナーが対応しています。

お札Uber eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金払いに対応にする方法【結構めんどくさい】

お釣りの用意が面倒で避けられがち

現金払いに対応している配達パートナーは少ないという話をしました。

さらに、現金払いに対応している配達パートナーでも、

「その日現金払いに対応するか」は、簡単に選べるようになっています。

どういうことかというと、配達パートナーは

「現金払いに対応しない」

とアプリで選べば、カード払いの注文だけ受けるようにできます。

お釣りが用意できない時などは、配達パートナーは現金払いを受けない設定にしています。

ただでさえ少ない「現金対応ができる配達パートナー」ですが、

その日現金払いをオンにしている人はさらに少なくなります。

遠くの依頼は避けられがち

現金払いに対応する配達パートナーは貴重だと分かったと思います。

貴重な配達パートナーには、遠くからも依頼が入ります。

配達パートナーとしては

「近くの依頼を多く受け、効率よく配達したい」

と考えているため、遠くから依頼が入っても依頼拒否してしまいます。

現金払いを希望した場合、その時間に稼働している「貴重な現金配達パートナー」を奪い合っている形になります。

「距離が遠い」という理由で、配達パートナーに拒否される可能性もあると思ってください。

カード払いなら、一番近くにいる配達パートナーがマッチングされます。

現金は汚い

日本でキャッシュレスが進められる理由の一つに、

「現金は汚い」ということがあります。

誰がどこで触ったか分からない小銭には、菌がついていたりします。

飲食のやりとりをする前には、できれば触りたくないというのが本音。

コロナによる自粛もあり、キャッシュレスがより期待されます。

現金のやりとりがあると、配達パートナーと注文者が接触することにもなってしまいます。

Uber Eatsではカード払いが無難(まとめ)

現金払いにはデメリットが多いので、カード払いにするのが無難です。

カード払いなら全ての配達パートナーが対応しているので、一番近くにいる配達員を効率よく捕まえることができます。

最近では小銭のやりとりで、感染のリスクも警戒されています。

お金は想像以上に汚かったりします。

カード払いでスマートに支払いを済ませ、料理を受け取ってもらえたらと思います。

 

では今回は以上になります。

この記事がいいなと思ったら、下のボタンからシェアをお願いします。

ありがとうございました。

注目されている記事
【自粛で需要増?】食材宅配って何?Uber Eatsと違うの?【野菜を強制的に食べよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です