ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で使えるレンタサイクルについて徹底解説します【通称赤チャリ】

赤い自転車

つちやみ

Uber Eatsの配達では赤チャリと呼ばれるレンタサイクルを利用している人をよく見かけます

つちやみ

どんなサービスなのでしょうか?

注目されている記事

2000回配達の私がウーバーイーツ配達で使っているアイテムや必需品を紹介【配達を始める人へ】 イケメン ウーバーイーツでイケメンを引く確率や方法を真面目に考えてみた【バイクより自転車?】

買うべきか、レンタサイクルすべきか

基本は買った方がいい

Uber Eatsで働くためには「自転車」が必要です。

すでに持っている場合はすぐに働けますが、無い場合は用意しなくてはいけません。

自転車を手に入れる方法は、

  • 新しい自転車を買う
  • レンタサイクルを使う

の二択。

自分は

「今後配達パートナーとして稼いでいくし、初期投資だ」

と思って3万円くらいのクロスバイクを買いました。

めちゃくちゃ使いやすく、最初の2〜3週間で元を取れてしまったので、買って正解でした。

今後配達パートナーとして稼いでいくつもりなら、自転車を買ってしまった方がいいでしょう。

関連記事
自転車 【配達始める方向け】Uber Eats配達にオススメの自転車を価格別に紹介します【ママチャリはだめ?】

レンタサイクルの方がいい場合もある

基本的には「新しい自転車を買ってしまう」方がオススメなのですが、レンタサイクルの方がいい場合もあります。

  • 試しに1〜2回配達をしてみたい
  • 自宅から遠くのエリアで配達したい

順に解説します。

まず試しに配達してみたい場合です。

せっかく自転車を買っても

「Uber Eatsの仕事は自分には合わなかった」

と辞めてしまったら、自転車を買った意味がなくなってしまいます。

レンタサイクルなら「30分100円程度から」使えるプランもあるので、

とりあえず配達を試してみたい人にはオススメ。

レンタサイクルのプランについてはこの後解説します。

 

次に自宅から離れたエリアで配達したい場合です。

Uber Eatsで稼げるエリアは「都心エリア」です。

郊外に自宅がある場合、都心部まで出張して効率よく稼ぎたい人もいるはず。

距離によっては、配達したいエリアまで自転車で行くのは大変です。

レンタサイクルなら「配達したい場所」で自転車を借り、

「配達が終わった場所」で自転車を返せばいいので、自宅から離れたエリアで配達したい人には最適です。

※報酬は都市・時期・プロモーション(インセンティブ)によって変わります

ドコモバイクシェアについて

ではレンタサイクルを使おうとなった場合の手順です。

レンタサイクルの一番の候補となるのは「ドコモバイクシェア」です。

通称「赤チャリ」と呼ばれています。

最初に断っておきますが、料金体系や手続きがめちゃくちゃめんどくさいです。笑

利用するにはアプリで空きを調べ、利用予約をし、メールでパスワードをもらい、自転車に打ち込んで、という感じ。

それでもやろうと覚悟した方のみ読み進めてください。

ドコモバイクシェアとは

街中で

  • ドコモのマーク
  • スポンサー企業のマーク

が入った、赤い自転車を見たことがあれば、それが「ドコモバイクシェア」です。

NTTドコモが、区役所などの自治体と提携して運営しています。

現在利用できるエリアは

  • 東京23区の一部(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区)
  • 練馬区
  • 大阪市

となっています。

上記エリアでレンタサイクルを使いたいなら、ドコモバイクシェアを使っておけば間違いはありません。
参考 bike share serviceドコモバイクシェア公式

使った感想

ドコモバイクシェアで借りれるレンタサイクルは、電動自転車です。

普通の自転車と乗り心地が違うので、

「電動自転車」という別の乗り物に乗る気分の方がいいかもしれません。笑

電動自転車のメリット

まず圧倒的に漕ぐのが楽です。

特に坂道では力を発揮し、座っていてもスイスイ進んでいきます。

またタイヤの直径が小さいので、安定して運べます。

Uber Eatsではバックを水平に保つことが重要なので、安定して運べるのはかなりのメリット。

専用の置き場(=ポート)があれば、好きな場所で借りて、好きな場所で返せます。

稼働の場所が自由なのも素晴らしいと思います。

自分の自転車だと、基本的には自宅の近くしか配達できません。

電動自転車のデメリット

デメリットはなんと言っても、充電が気がかりなことです。

ポートに置いてある自転車は、充電が完了している訳ではありません。

充電がないと、途端に「漕ぐのが重くて進まない」自転車になってしまいます。

常に充電を気にしなければいけないのはデメリットだと思います。

また平坦な道下り坂では、普通の自転車の方が加速します。

遅すぎて配達できない、というレベルではありませんが、

普通の自転車に抜かれたりするのでイライラするかもしれません。笑

重いので駐輪する時などは若干苦労します。

プランについて

ドコモバイクシェアのプランは

  • 1回利用会員
  • 月額利用会員

の2種類があります。

(正確には会員登録せず「1日」使うプランもあるのですが、コスパが悪すぎるので今回は無視します。)

 

1回利用会員では

  • 最初の30分=150円
  • その後は30分ごと=100円

という料金が、1回利用するごとにかかります。

「お試しで配達してみたい」という方は1回利用会員がオススメ。

 

月額利用会員では

  • 月額基本料金=2000円
  • 最初の30分=無料
  • その後は30分ごと=100円

という料金体系になっています。

月額2000円さえ払ってしまえば、月に何回乗ろうと、

「30分以内であれば」追加料金はかかりません。

30分を超えると、延長料金として30分ごと100円がかかります。

今後もレンタサイクルで配達を行うつもりであれば「月額会員プラン」がオススメ。

配達パートナー専用プラン

そしてここからが重要ですが、配達パートナーには、

  • 月額4000円で4時間まで使い放題

という第3のプランが用意されています。

月額4000円さえ払ってしまえば、毎回の利用で、

4時間までは追加料金なしで使えます。

ただし4時間を超えると、30分ごと100円の追加料金がかかります。

面倒ですが4時間以内に一度、専用駐輪場(ポート)へ返せば、追加料金はかかりません。

「月額2000円コース」では、最初の30分を超えると延長料金がかかるため、長時間の配達には適していません。

 

具体的には、

「月に10時間分の延長料金」(30分100円×20回=2000円)

を払うくらいなら、配達パートナー専用プランを申し込んだ方がお得です。

 

まとめ

  • プランには「1回」「月額」「配達パートナー専用」がある
  • 今後ずっとレンタサイクルで配達するなら「月額」プラン
  • ただし「月10時間以上」延長料金を払うなら、「配達パートナー専用」プランがいい

登録方法

バイクシェア公式サイトから会員登録をします。

エリアを選ぶようになっていますが、どこで登録してもOK。

新宿区で登録しても、他のエリアでも使えるので安心してください。

 

 

登録フォームに入力していきます。

注意点として、

配達パートナー専用プランを利用したい場合は、IDの先頭に「UBER」とつけます。

ID:UBER_tsuchiyami

といった感じ。

そのあとメールで配達パートナー専用プランを申し込みますが、その時の目印だと思います。

配達パートナー専用プランを希望する場合は、登録が終わったら以下のアドレスにメールします。

uberjp-ml@d-bikeshare.com

メールの内容は、

  • プラン変更希望
  • 配達パートナー専用プランにしたい

という旨が分かればOKです。

数日以内に返信が来ます。

 

登録の流れに戻ります。

会員証登録とは、Suicaなどの電子マネーをかざすだけで利用できるようになる仕組みです。

使うには普通、メールでパスワードをもらって自転車に打ち込まなくてはいけません。

会員証登録=Suicaなどの登録をすると、Suicaをかざすだけで使えるようになるのです。

そんなSuicaの登録をするかどうかが、「会員証登録」という項目です。

登録の詳しい仕方は以下のページを読んでください。

参考 ICカード登録(会員証登録)ドコモバイクシェア

会員プランを選びます。

配達パートナー専用プランを利用したい人は、1回会員を選びましょう。

登録後メールをして、配達パートナー専用に変えてもらう、という流れです。

uberjp-ml@d-bikeshare.com

利用方法

※準備中

お急ぎの方はドコモバイクシェア公式へ

参考 bike share serviceドコモバイクシェア公式

 

注目されている記事
2000回配達の私がウーバーイーツ配達で使っているアイテムや必需品を紹介【配達を始める人へ】 自転車 【配達始める方向け】Uber Eats配達にオススメの自転車を価格別に紹介します【ママチャリはだめ?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です