ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で低評価を食らわない方法を解説します【酷いとアカウント停止?】

グッドサイン

つちやみ

配達パートナーは配達が終わると評価されます

つちやみ

バッド評価をもらわないためにはどうしたらいいのでしょうか?

配達パートナーの評価とは

配達を終えると、お客さんやレストランには、配達パートナーを評価してくださいという通知がいきます。

お客さんやレストランは、「高評価」「低評価」で配達パートナーを評価します。

具体的には

  • グッドボタン
  • バッドボタン

のどちらかを押します。

ユーチューブなどで見る、親指を上に向けるか、下に向けるマークですね。

評価の見方

もらった評価はアプリ上で確認することができます。

ウーバードライバーでプロフィールを表示するとこんな感じ。

プロフィールは顔写真をタップすることで開けます。

真ん中の「高評価」という部分をタップしてみます。

すると自分に対する評価を確認することができます!

もらった評価のうち、直近100個を見ることができます。

 

嬉しいことに2020年2月27日現在、自分の高評価は100%となっています。

配達を始めた頃は、低評価をもらうこともありました。

徐々に高評価をもらえるようになり、400回配達した頃、100%になりました。

1回低評価をもらってしまうと、その後100回の高評価を得なければ流せないので、100%をキープするのは大変です。

出来る限り100%を維持していきたいと思っています。

※2020年4月現在、97%まで下がってしまいました。

また頑張ります。

低評価でアカウント停止

配達パートナーの評価は、あまりに低いとアカウント停止となってしまいます。

基準は配達する地域によって異なるようですが、詳しい基準は公開されていません。

高評価率90%を超えていれば、まったく問題ないと思われます。

80%超えでもおそらくセーフ。

70%台になってくると結構ヤバイのかなと思います。

あくまで予想です。

怖いのでなるべく高めに保ちましょう。

配達パートナーが高評価を得る方法

レストランからの評価、注文者からの評価、順に解説していきます。

レストランから高評価をもらう

料理を受け取るお店から高評価を得るには、

  • 番号をしっかり伝える
  • 他のお客さんの迷惑とならない
  • 挨拶をする

ことが大切です。

順に解説します。

 

まず注文番号をしっかり伝えるということ。

ウーバー配達において注文番号は命と言えます。

「ウーバーの方、番号お願いします」

と聞かれることが多いので、

「A1234です」

などと、はっきり、分かりやすく伝えましょう。

 

他のお客さんの迷惑にならないことも重要です。

特に、

「店内にバックをもってこないでください」

といった指示があった場合、要注意です。

お店としては、

「狭いので、ウーバーのバックはお客さんの迷惑になる」

などと考えています。

指示を見落としてバックを持ち込んでしまうと、低評価を受けやすいでしょう。

(お店からの指示は、注文を受けると見れるようになります)

指示がない場合でも、お客さんにぶつかりそうなら店の外に置いておくなど、配慮をしましょう。

 

さらに、

こんにちは。ウーバーイーツです」

ありがとうございます。料理をお預かりします」

といった挨拶ができれば完璧です。

「今の配達パートナーよかったな。高評価押しておこう」

と思ってもらえるはずです。

お客さんから高評価をもらう

お客さんから高評価をもらうには、

  • 崩さない
  • 素早く
  • 礼儀正しく

が重要。

順に解説していきます。

 

まず「料理を崩さない」ということ。

ウーバー配達において、届いた料理が崩れていることは命取りです。

他の全てが完璧でも、低評価をもらってしまいます。

  • 汁物
  • 寿司

には特に気をつけましょう。

コツはバックを水平に保つため、上体を起こして配達すること。

背筋伸ばしすぎくらいでちょうどいいです。

 

次に大切なのが「素早く配達する」ということ。

1分1秒を争うようなシビアな世界ではないですが、早く到着するに越したことはないです。

コツは

  • 広い道路より路地を使う
  • 慣れたエリアで行う
  • ナビ機能を使う

の3つ。

決して交通ルールは破らずに、できるだけ早く届ける努力をすればOKです。

歩行者優先、車道の左側を通行

といったルールは徹底しましょう。

また慣れない場所では、ナビ機能を使うのがベスト。

グーグルマップと連携していて、カーナビのように指示してくれます。

その通り走っていけば最速で着くはずです。
uberウーバーイーツ配達用アプリUber Driver(ウーバードライバー)の使い方を解説します【GoogleMapと連動】

 

最後は「礼儀正しさ」。

いくら個人が自由に働くウーバーイーツとは言え、愛想が悪い配達員は嫌われます。

チャイムを押した際は

「ウーバーイーツです」

に加え、

「お待たせしました」

料理を渡した際は

「ありがとうございました」

に加え、

「またご利用お願いします」

の一言を付け加えるなどし、

「今の配達員、感じがよかったな」

と思ってもらえるようにしましょう。

 

評価をする側も人間なので、会った際の印象で評価することはよくあります。

顔を合わせる瞬間は一瞬しかないので、気を抜かず挨拶するのがベストです。

高評価を維持して楽しく配達(まとめ)

評価が上がれば報酬が増えるといった、直接的なメリットはないです。

しかし高評価を獲得するに越したことはありません。

評価が低く、アカウント停止になってしまうリスクも避けられます。

そもそも高評価をもらえると嬉しいです。

どうせ配達するなら、高評価を目指して、この記事の内容を実践してみてください。

質問などあれば、Twitterで受け付けています。

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

注目されている記事
Uber Eatsの確定申告ができる会計アプリfreeeの使い方を解説します【配達パートナー必需品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です