ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

朝起きれない人にオススメする稼げる仕事は、Uber Eats(ウーバーイーツ)一択です【昼から行動】

つちやみ

私は朝にめちゃくちゃ弱いことが悩みです

つちやみ

そんな私が続けている仕事について紹介します!

朝起きれない

朝に弱くて悩んでいる人は多いはずです。

私もその1人です。

朝起きるのが辛すぎて、会社を辞めてしまったほど。

そんな私でも、遅くから起きて、続けている仕事があります。

Uber Eatsの配達です。

これまで6ヶ月ほど続けてきて、配達回数は900回を超えました。

1回の配達で500円もらえるとして、45万円くらいは稼いでいることになります。

 

合わせて読みたい

Uber Ests(ウーバーイーツ)で副業する以上に、効率よく稼ぐ方法を紹介【やっぱり転職が最強】

いつでも働けるUber Eats

Uber Eatsの配達は、好きな時にアプリをオンラインにして働きます。

都内だと大体0時までは営業してます。

都心だと1時まで延長されたエリアもかなりあります。

大阪でも1時までやっているエリアがあります。

昼過ぎに起きて、夜中までだらだらと続ければ、結構稼げてしまいます。

この日は昼過ぎに起きて、新宿まで移動して、16時から25時まで稼働しました。

ここには表示されていない「クエスト達成ボーナス」というものがあるので、

合計で1万円以上稼げました。

  • 新宿という注文の多いエリア
  • 祝日で注文が多い

という条件は必要ですが、条件がよければ夕方からでも稼げます。

※報酬は都市・時間・プロモーション(インセンティブ)によって変わります。

合わせて読みたい

自転車でUber Eats(ウーバーイーツ)専業をしてみたのでレビューします【キツイのでオススメしない】

他にもメリットあり

無理に朝起きる必要なく、午後からでも稼げる。

これだけでも自分のような、朝起きれない人間には、最高の仕事です。

 

さらにUber Eatsでは、自転車を漕ぐので、健康面にもメリットがあります。

1件1件の配達を、ゲームのようにクリアしていくと、自然と運動になります。

昼まで寝てると健康によくない気がしますが、昼過ぎから運動することで、帳消しになります。笑

もちろん個人の感想ですし、健康のためには食事・睡眠・運動などのバランスが重要です。

運動するに越したことはないので、Uber Eatsの仕事にはかなり助けられています。

合わせて読みたい

ubereatsUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで働くのメリット・デメリットを解説します【新しい働き方】

朝起きれない人はUber Eatsの仕事をしよう(まとめ)

朝に弱い私が、Uber Eats配達にハマる理由を紹介してきました。

バイトに寝坊して、何度も辛い思いをしてきた私としては、

「起きた時間から働けばいい」

というのは、「救い」だと思っています。

これまでUber Eatsに救われてきたし、これからも続けていくつもりです。

もし自分と同じように、朝起きれなくて悩んでいる人がいたら、是非配達パートナーに登録してみてください。

質問などあれば、ツイッターへどうぞ。

では今回は以上になります。

他にも寝坊な人がいたら、下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。

ありがとうございました。

注目されている記事
Uber Eatsの確定申告ができる会計アプリfreeeの使い方を解説します【配達パートナー必需品】 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録から稼働までを、画像12枚で解説します【超簡単】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です