ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

【赤や白のデリバリーバッグ】メニューの公式バッグがかっこよかったのでレビューします

つちやみ

東京ではたまに赤や白のウバッグらしきものを見かけるようになりました

つちやみ

新型ウバッグではないのでしょうか?

Twitterの皆さんの様子

https://twitter.com/keji2019/status/1264059138218184706?s=20

https://twitter.com/toro2korosuke/status/1261520041041776647?s=20

注目されている記事
デラックスレーサーのアイキャッチ画像 【高級椅子】DXRACER(デラックスレーサー)とかいうゲーミングチェア買ったらガチで最強だったのでレビュー

新型ウバッグではなくmenu(メニュー)のバッグ

赤や白のバッグは、ウーバーイーツの新型バッグではなく、メニューというデリバリーアプリのバッグです。

メニューには

  • 時給配達員
  • 業務委託配達員

の2種類があります。

業務委託配達員は、ウーバーイーツと同様に出来高制で稼働する個人事業主。

当初は時給配達員しかメニューバッグを買えませんでしたが、

最近業務委託配達員も買えるようになりました。

そのためメニューに登録した配達員の皆さんがバッグを購入し、使っているのです。

そもそもメニューとは

menu(メニュー)とは2020年4月から始まった新しいフードデリバリーアプリです。

ドラゴンエッグなどのアプリゲームで知られる、reazon(レアゾン)ホールディングスが運営しています。

芸人のオードリーを起用したCMでも知られています。

2020年5月現在、利用できるのは

  • 中央区
  • 渋谷区
  • 千代田区
  • 新宿区
  • 品川区
  • 渋谷区
  • 台東区
  • 中野区
  • 文京区
  • 港区
  • 目黒区

といった東京23区の一部です。

エリアは日々拡大中なので、今後も拡大が期待されます。

加盟店の数は2000店と言われており、1万5千店と言われるウーバーイーツと比べると少なめです。

配達では早押し制とレベルアップ制が特徴になっています。

合わせて読みたい
Uber Eats1000回配達の私がmenu配達に挑戦してみたのでレビュー【Uber Eatsには遠く及ばないので注意】

メニューのバッグは3種類

メニューのバッグには

の3種類あります。

どのバッグにも「2020 menu」というロゴが入っています。

黒と白はそのままですが、赤は赤というよりオレンジっぽい色合いです。

自分が買った赤いメニューバッグをレビュー

自分が買ったのは赤色のメニューバッグです。

メヌバッグ1

メヌバッグ2

メヌバッグ3

形というか、作りはウバッグ(=ウーバーイーツのバッグ)の最新型と全く一緒です。

拡張できる感じや、ついているネットも全く同じ。

重さも同じ。

デザインと色だけが違います。

バッグ側面の3面に「2020 menu delicious delivery app」と記載があります。

普段最新型ウバッグを使っているなら、いつもの感じで使えると思います。

買えるのは関東のクルーだけ

2020年5月現在、購入できるのはクルーだけとなっています。

しかも関東の配送のみで、1人1つのみ。

東京在住なら、メニュー配達クルーに登録すれば買うことができそうです。

購入サイトはメールで送られてきます。

 

東京以外にお住まいの方は、メニューのサービス拡大を待つしかなさそう。

どうしても欲しい人は、あまり推奨はされないのかもしれませんが、メルカリなどのフリマサイトを見張ってみるのも手だと思います。

ウーバーイーツの配達で使えるかはグレーゾーン

ウーバーイーツの配達でメニューのバッグを使えるかは、グレーゾーンと言えそうです。

配達パートナーは個人事業主なので、ウーバーからバッグの種類を強制されることはありません。

しゃくれと呼ばれる、ロゴが入っていない旧型ウバッグで配達している人もいるし、自分で用意したデリバリーバッグを使っている人もいます。

重要なのは「料理がしっかり運べるバッグか」という点で、バッグが不適切だとお店からウーバーに通報がいくこともあるようです。

メニューのバッグが不適切かどうかは微妙なところ。

  • 料理を適切に運べる

という点では全然OKだし、

  • 他社の宣伝をしていてお客さんに誤解を与える

という点ではNGです。

今後メニューのバッグが増えてきたら、ウーバー公式から何かしらの注意が公表される可能性はあります。

それまではグレーゾーンとして、各々のリスク感覚で考えるしかなさそうです。

最新アプリには今後も注目(まとめ)

フードデリバリーのアプリは流行っていることもあり、次々に新しいアプリがリリースされています。

メニューの躍進や、その他のアプリの動向には今後も注目が集まるはず。

個人的には新しいアプリよりも、デリバリーバッグ専門ブランドなどができれば面白いのに、と思っています。

今回のメニューバッグのように、面白いバッグがあればまたレビューしていきます。

では今回は以上になります。

メニューバッグのことを知らなそうな配達パートナーがいたら、下のボタンからシェアしてあげてください。

ありがとうございました。

注目されている記事
2000回配達の私がウーバーイーツ配達で使っているアイテムや必需品を紹介【配達を始める人へ】 イケメン ウーバーイーツでイケメンを引く確率や方法を真面目に考えてみた【バイクより自転車?】 デラックスレーサーのアイキャッチ画像 【高級椅子】DXRACER(デラックスレーサー)とかいうゲーミングチェア買ったらガチで最強だったのでレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です