ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

Uber Ests(ウーバーイーツ)で副業する以上に、効率よく稼ぐ方法を紹介【やっぱり転職が最強】

つちやみ

Uber Eatsはおいしい副業です

つちやみ

しかしもっといい選択肢もあるのではないでしょうか

そもそもの年収をあげるのが手っ取り早い

この記事を見ている皆さんは

  • 配達より稼げるってなんだろう
  • 効率よく稼ぎたい
  • 自由な時間がほしい

と思っているのではないでしょうか。

サラリーマンがUber Eatsで副業をすると、年50万円くらいは普通に稼げます。

ボーナス1回分に相当するような額なので、大きいです。

しかし、転職して給料が上がれば、年収が100万円増えたりします。

 

転職+副業で稼げば、最初より年収が150万円増えたことになります。

元も子もない結論ですが、副業をするより、本業の給料が上がった方が、大幅に年収を増やせるのです。

※Uber Eats副業の報酬は、自分が東京で稼働した時の結果です。

※報酬は地域・時間・プロモーション(インセンティブ)によって変わってきます。

転職は当たり前の時代

私はブロガーになる前、三菱UFJフィナンシャルグループのとある企業で働いていました。

仕事を辞める際上司に言われたのは、

  • 仕事を辞めたら、次就職できるか分からないぞ

という内容。

 

上司としては、自分を引き止めるためにかけてくれた言葉だと思いますが、自分にはしっくりきませんでした。

40〜50代の上司の時代はどうだったか分かりませんが、今はスマホ一つで就職先が見つかる時代。

その気になれば、来月から海外で働こうと思っても、求人は見つかります。

 

インターネット上で簡単に就職先が見つかる時代に、

「次の就職先はない」

と自分を追い込む必要はあるのでしょうか。

給料が上がる人は行動してる

年収を上げて幸せになれる人と、現状にとどまる人の違いはたった一つ、行動するかどうかです。

行動すると聞くと大袈裟ですが、スマホ一つで転職先が見つかる時代です。

何かしてみたいと思った人は、まず無料の転職サイトに登録してみましょう。

求人のリアルな情報が手に入るだけでなく、

自分の中で「転職して、給料を上げよう」という気持ちが明確になってくると思います。

 

とりあえず行動しようと思った人は、最大手のリクルートだけでOK。

いくつも登録しても、結局何がしたいか分からなくなります。

お知らせもたくさん来たりして、うざいです。

まずは一番無難なリクルートだけ登録しておきましょう。

リクルートエージェントへ

金融業界は給料が高い

転職先の候補についてですが、給与水準が高いのは金融業界です。

MUFGという日本を代表する金融会社で働いていましたが、

  • 1年目で400万円
  • 2年目で500万円

くらいはもらっていました。

フィンテックの台頭や、ビジネスモデルの崩壊が叫ばれていますが、まだまだ金融業界は安泰です。

一度巨大な富を築き上げてしまった業界は、そう簡単には崩れません。

業界として安定しており、給与水準が高い金融業界は、転職先の第一候補になると思います。

金融業界の転職も、まずはリクルートに相談してみましょう。

最大手なので全ての業界を扱っており、金融業界にも強いです。

リクルートエージェントへ

金融業界の解説

金融業界と言っても幅広いので、最後に金融業界の業種を紹介します。

知っていることや、金融業界にいる友達の話を参考にまとめてみました。

興味を持ったら転職サイトから求人を探し、詳しい業務内容をチェックしてみてください。

銀行

銀行のビジネスモデルは、大きく2つあります。

  • 貸付の手数料で利益を得る
  • 国債や株式の運用によって利益を得る

銀行といえば個人や企業からお金を集め、必要な企業などに貸し出すのが基本です。

貸し出す際にはただ貸し出すのではなく、何年で何%といった手数料をもらいます。

貸し出した額と、返ってくる額の差が、銀行の収益となります。

 

さらに銀行は集めたお金を貸し出すだけでなく、投資にも回します。

国債や株式といった金融商品を購入し、利益が出れば銀行の儲けとなります。

「お金を集め、様々な方法で増やす」というのが、銀行のビジネスモデルの特徴です。

 

銀行のタイプとしては、

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 政府系銀行

などに分けられます。

信託銀行

銀行の業務に加えて、「信託業務」を行うことができるのが信託銀行の特徴です。

信託業務とは

  • お客さんの財産を預かる
  • 財産を運用して利益を出す

というもの。

もし両親から土地を相続しても、実家に帰らなければ、土地の使い方が分かりませんよね。

そんな時、信託銀行が、あなたの代わりに土地を運用し、利益を出してくれるのです。

もちろん手数料はかかりますが、自分で何もしなくても利益が出るなら楽です。

顧客の財産・資産を、代わりに運用できるのが信託銀行の特徴です。

銀行より扱える業務の幅が大きいので、顧客に対して様々な提案ができます。

証券

証券会社のビジネスモデルは大きく2つ。

  • 株取引の仲介
  • 資金集めの代行

株を買おうと思ったら、証券会社に間に入ってもらわなくてはいけません。

証券会社は、一般の人に代わって株を取引する代わりに、手数料を得ています。

 

また企業から見ても、証券会社は重要な存在。

企業が資金を集めようと思ったら、株を発行します。

株を発行しても、買い手がいなくては意味がありません。

証券会社は企業の代わりに買い手を見つけ、手数料をもらう事業もしています。

 

最近では企業との繋がりを生かし、M&Aと呼ばれる「企業同士の結びつき」を仲介するなど、

コンサル業としての役目も大きくなっています。

生命保険

生命保険業界の収益源は大きく2つ。

  • 生命保険手数料
  • 資産運用の利益

生命保険手数料は、生命保険を提供する代わりに得る手数料です。

どんな保険を提供するかというと、

  • 第一分野の保険=死に関わる
  • 第三分野の保険=がんなどの病気

の2種類。

「死亡したらいくら」「がんになったらいくら」という保険を提供し、対価をもらっています。

 

生命保険会社には投資会社としての側面もあります。

保険によって集めたお金は、ただ眠らせておくだけでなく、資産運用に回されます。

莫大な資金を使い、国債や社債と呼ばれる金融商品を買います。

この取引によって利益が出れば、生命保険会社の儲けとなるのです。

損害保険

死亡や重大な病気以外の、様々なリスクを補償するのが損害保険です。

保険の種類には

  • 第一分野の保険=人の生死に関わる
  • 第二分野の保険=事故や怪我に備える
  • 第三分野の保険=がんなどの病気に備える

の3つがあり、損害保険業界は第二分野の保険を扱います。

 

大きなところでは

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険

などがあり、特に自動車保険は、業界の保険料の約半分を占めるほどの存在感です。

上記の保険を提供し、手数料を得るのが損害保険業界のビジネスモデルです。

 

損保会社も、集めたお金を運用する投資会社としての側面を持っています。

クレジットカード

クレジットカード業界の収益源は大きく2つあります。

  • 決済手数料
  • 貸付手数料

決済手数料とは、クレジットカードで支払いがあった際、そのうちの何%かをもらうものです。

基本的にはお店が負担しているので、利用者はあまり意識することがありません。

 

貸付手数料とは、お金を借りた際の手数料のことです。

クレジットカードを使うと、キャッシングと呼ばれる借金をすることができます。

お金を借りたら、利息が発生するので、カード会社の儲けになります。

お金を借りる訳ではないですが、リボ払いなどの後払いでも、利息が発生します。

 

電子マネーや、スマホ決済といった多様な決済手段を扱っているのも、クレジットカード業界の特徴です。

注目されている記事
Uber Eatsの確定申告ができる会計アプリfreeeの使い方を解説します【配達パートナー必需品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です