ブログって本当にもの売れんの?
意外と買われてる神記事まとめはこちら(タップ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがアカウント停止される理由をおさらい【2度と戻らない】

つちやみ

配達パートナーがアカウント永久停止になると、2度と配達できません

つちやみ

永久停止になる理由をおさらいしていきましょう!

配達パートナーの永久停止とは

配達パートナーのアカウントは、問題を起こすと永久停止になります。

永久停止になると、2度とウーバー配達ができなくなります。

個人情報なども控えられているため、アカウントを作り直すことも不可能

稼働できなくなったら、収入的にも、メンタル的にも辛いので、気をつけましょう。

永久停止になる理由

永久停止になる理由は、配達パートナーガイド(ver1.05)に記載があります。

ガイドに載っている全ての禁止事項をまとめたので、この際におさらいしておきましょう。
参考 配達パートナーガイド(PDF)ウーバー公式

違う車両で配達した

登録している車両以外で配達するのはNGです。

アカウント永久停止になる理由として、一番多いと記載があります。

  • 自転車
  • 原付
  • 125cc以上のバイク
  • 事業用の軽自動車

使う車両を申告して、Uber Eatsの配達をしています。

 

「自転車登録だけど、楽だから原付で配達しよう」

「原付と変わらないだろうから、125cc以上のバイクで配達しよう」

「事業用の登録をしてないけど、家の軽自動車で配達しよう」

全て、一発アウトの禁止事項です。

事業を行ってはいけない車両で事業を行ったとして、場合によっては日本の法律に触れる場合もあるようです。

 

また、登録できる車両は1種類です。

  • 今日は自転車で配達
  • 明日は原付で配達

ということはできません。

自転車登録の人が原付で配達するには、パートナーセンターで再登録が必要です。

アカウントを不正利用した

  • アカウントを複数持つ
  • 他人のアカウントを使う
  • 一つのアカウントをシェアする

全て、禁止事項です。

Uber Eats配達を始めてみたい友達に、アカウントを貸してみたくなるかもしれません。

しかし貸してしまうと、一発アウトです。

明確な記載はありませんが、貸した側も、借りた側も、今後配達できなくなると思われます。

必ず自分で登録し、自分のアカウントで配達しましょう。

自分で注文し、自分で配達した

自分で注文しつつ、その注文を自分で受け、配達すると永久停止になります。

  • マクドナルド付近で注文
  • ウーバードライバーを起動

を同時に行えば、自分の注文を自分で受けられるのかもしれません。

しかし

  • 注文者=自分
  • 配達者=自分

となってしまうと、

「お金を払う側なのに、報酬がもらえる」

というおかしな状況になってしまいます。

自分での配達は、禁止事項とされています。

友達の注文を、自分が受ける

というのも、やめた方がよさそうです。

不正に配達距離を稼いだ

配達が完了した際、完了ボタンを押さなければ、距離を伸ばすことができます。

その分距離料金がもらえることになるので、不正行為です。

たまに完了を押し忘れて、少し移動してしまうこともあるかもしれません。

料理を手渡したら、その場で完了ボタンを押すようにしましょう。

意図的に距離を稼いだ場合、アカウント停止になります。

過度な配達キャンセルをした

キャンセルには

  • 依頼キャンセル
  • ピックキャンセル
  • ピック後のキャンセル

があります。

このうち一番重いのは、「ピック後のキャンセル」です。

料理をもらってから、キャンセルということで、お客さんにも、お店にも損害を与えます。

ピック後のキャンセルは数回でアカウント停止になるでしょう。

 

「依頼キャンセル」「ピックキャンセル」

の2つは、そこまで重大なキャンセルではないです。

「このお店遠いな」という時に、キャンセルすることは普通にあります。

あまりにもキャンセルを繰り返すと、アカウント停止になります。

アカウントのことを考えるなら、なるべく全ての依頼を受けた方がいいです。

失敗900回以上配達した現役配達パートナーのリアルな失敗談を紹介【反面教師に】

プライバシー侵害をした

パートナーガイドに記載の例は、

  • 注文者の住所が載ったスクリーンショットを、SNSにあげた
  • 注文者のマンションのセキュリティを他人と共有した

となっています。

配達記録などを、SNSに上げるパートナーの方は多いです。

自分もあげています。

しかし「お客様の住所」が載っていた場合、プライバシーの侵害になります。

マンションの内部を公開するのも危険な行為でしょう。

アカウント停止はもちろん、何かしらの罪に問われる可能性もあります。

 

「注文者のマンションのセキュリティを他社と共有」

とは、主にタワーマンションなどを指していると思われます。

「あそこのマンションは、裏口から入ると、セキュリティがない」

などの、マンション事情を共有することは禁止されています。

マンション内部の地図の共有も禁止されています。

「公開」ではなく「共有」が禁止です。

ネットだけでなく、友達に話してもいけないということです。

コミュニティガイドラインに抵触する行為をした

コミュニティガイドラインとは、ウーバーが定めている規則のようなものです。

参考 コミュニティガイドラインUber公式

多いので全てを読むのは大変ですが、

  • 人権
  • 安全
  • 公正

といった観点で、守るべき内容が書いてあります。

「人に暴言を吐いたら、人権侵害なので、やめましょう」

といった感じ。

普通に生きてたら大丈夫ですが、何か思い当たることがある人は、一度読んでおくといいでしょう。

Uberのスタッフに対する不適切な態度や会話をした

  • パートナーセンター
  • サポートセンター

のスタッフへの態度が悪いと、アカウント停止になります。

スムーズに回答をもらえなかったりすると、イライラします。

でも、向こうもバイトだったりします。

冷静に、お互いを尊重しあった言動をするよう気をつけましょう。

Uberの建物や所有物に損害を与えた

パートナーセンターなどはウーバーの所有物です。

建物などに危害を加えないよう、丁寧に利用しましょう。

交通違反行為をした

交通ルールを守らないと、アカウント停止です。

信号無視・逆走などは禁止行為です。

1回1回の信号無視などを、全て運営が監視しているとは思えません。

しかしどこかでバレて一発アウトということもあり得ます。

焦って配達して、信号無視などの違反をしないよう気をつけましょう。

そもそも事故のリスクも高まり危険です。

救急車Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で危険を避けるための注意点【危ない仕事です】

技術サービス規約に抵触する行為をした

ウーバーの「技術サービス規約」とはなんなのか分かりませんでした。

技術サービスというくらいだから、アプリやwebサイトの仕組みと思われます。

アプリを不正に改造したり、Webサイトに不正アクセスするようなことを、禁止しているのだと思われます。

国の法律や条例に違反する行為をした

これも具体的にどのような行為なのかは分かりにくいです。

普通に生活して、普通に配達していれば問題なさそう。

 

アカウント一時停止もある

停止措置

アカウント永久停止ではなく「停止措置」というものもあったので最後に紹介します。

停止措置とは一時的に配達ができなくなるというもの。

配達をするとお店やお客さんから評価されます。

低評価があまりに多くなってしまうと、アカウントが停止します。

実際になったことがないので分かりませんが、

  • パートナーセンターへ呼び出される
  • 今後も低評価なら永久停止

という流れだと思われます。

いきなり永久停止になるわけではないですが、停止になってしまったら面倒です。

なるべく高評価を維持するようにしましょう。
グッドサインUber Eats(ウーバーイーツ)配達で低評価を食らわない方法を解説します【酷いとアカウント停止?】

禁止事項に注意して、楽しい配達を(まとめ)

普段忘れてしまいがちな、Uber Eats配達の禁止事項。

うっかり規則を破ってしまい、アカウント停止になったら最悪なので、気をつけましょう。

個人的には、SNSの投稿などで、マンションの様子をあげている人が危険かなと思います。

プライバシーの侵害にならないよう、十分に配慮しましょう。

ルールを守って、安全に楽しく稼げたらベストです。

間違ってる点など、何かあればTwitterで教えてください。

では今回は以上になります。

この記事がいいなと思ったら、下のボタンからシェアをお願いします。

ありがとうございました。

注目されている記事
Uber Eatsの確定申告ができる会計アプリfreeeの使い方を解説します【配達パートナー必需品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です