確定申告がめんどい季節になりました
安く会計アプリを使う裏技公開中
【解説記事こちらから】

渦中の田中ウバ配達員支援金募集の真相を聞いてきたので共有します【詐欺とか言ってるやつ正義振りかざしすぎわろたw】

 

 

※リンク多いので重めです。すみません

田中ウバ配達員支援金騒動とは

 

12月10日にとあるウバ配達員が投稿したツイートが物議を醸しています。

やまだ氏というウバ配達員が投稿しており、内容としては

  • 親友の田中配達員が病気になって入院した
  • 手術の可能性があって費用が足りない
  • 金銭的支援をしてほしい

といったもの。

田中配達員の本名と共に口座番号が載せられ、支援を募る形となっています。

 

ツイッターの反応

https://twitter.com/UE_Honda/status/1337037686612357122?s=20

 

これを見たウバ配達員達は即座に反応。

田中配達員と交流があった方、Twitterでつながっていた方、やまだ氏と交流があった方などを中心に寄付が集まります。

中には5000円10000円といった高額の支援も並びます。

 

一方で、彼らと面識がなかった方を中心に、

  • 手術なんて嘘だ
  • 日本の各種制度を利用すれば足りる
  • 寄付よりも自力解決が先だ

といった批判も登場します。

 

中には参加者全員がグルで、詐欺をしようとしているといった名誉毀損スレスレ(個人的にはアウトだと思う)の投稿も。

確かにTwitterで寄付金を募る詐欺が存在しそうなのも事実。

一体今回の件は何が事実なのか、ツイートを投稿したやまだ氏に会ってきました。

 

ツイートを投稿したやまだ氏に会ってきた

 

真相を聞くなら本人に聞くのが早いと言うことで、投稿をしたやまだ氏に会いに行ってきました。

彼は板橋駅近辺のバーで働いていました。

そもそもやまだ氏とは

 

やまだ氏は板橋エリアを中心に稼働するウバ配達員。

最近バーでのバイトも始め、昼間はウーバー、夜はバーという二足の草鞋で生活している様子。

「やまだ」という名前はTwitterネームで、本名は別のようです。

「やまだ」「田中」と名前がありきたりすぎたのも、今回の騒動を怪しくした一因な気はします。

※田中さんの方は本名

 

やまだ氏と田中氏の関係

 

やまだ氏といえば「田中配達員いじり」のツイートがお馴染み。

「不正配達員見つけた」と言って田中氏の画像をあげたり、外から見てると「おいおい、大丈夫なの?」とフォローしたくなるようなキツめのいじりもしょっちゅうです。

 

これは二人の関係性から来る「愛のあるいじり」のようです。

やまだ氏と田中氏はともに大阪で働いていた過去があり、勤務先が同じで知り合ったとのこと。

たまたま同時期に上京し、いまでも親友と呼べる関係のようです。

田中氏の生活があまり上手くいってないこともあり、やまだ氏が援助している側面もある様子。

 

田中氏の素性

肝心な今回入院している田中氏の情報ですが、コロナによる病院の面会禁止により、本人に会うことはできませんでした。

会えたとしても、病人に取材するなどあまり好ましくはありません。

詳しくは本人が回復して、許可が取れてから紹介したいですが、やまだ氏いわく結構大変な人生を送っているとのこと。

ツイッターでネタにする「ホームレス」も事実のようで、ウーバーしたり、夜勤をしてなんとか生活しているようです。

友人のやまだ氏いわく「馬鹿正直」「愛されキャラ」とのこと。

 

本人のツイートも紹介しておきます↓

 

バー店長の証言

 

やまだ氏の働くバーの店長、りささんも取材に応じてくれました。

入院中の田中配達員も、バーにきてくれることがあるらしく、印象を聞くと

「詐欺?する訳ないっしょw」

「むしろ詐欺に逢わないか心配」

とのこと。

 

「詐欺とか言う奴はうちに来なよ?足の骨折って入院させてあげる」

とも言っていたので、どうしても詐欺だと思う方はりささんのバーに行って確認してください。

BAR STYLE

 

 

田中氏本人には面会不可だった

今回の取材でツイートをしたやまだ氏や、田中氏のことを知るりさ店長にはお会いできました。

ただ、肝心の田中氏には会うことができませんでした。

入院先の病院がコロナによる面会禁止をしているためです。

田中氏本人が無事に回復し、本人の許可が取れ次第続報なども掲載したいです。

一番は本人の回復を祈ります。

生活の様子からかなり無理をしていたようで、心配です。

 

ウバ配達員同士助け合う姿勢は推奨されるべき

ここからはかなり私見という感じになります。

今回自分はやまだ氏・田中氏とTwitterで交流があったこと、田中氏の病状が心配だったことから、寄付を決めました。

本人の役に立ってほしいのみならず、「ウバ配達員同士、困ったときは助け合う」という理念も素晴らしいと考えました。

 

ウバ配達員は事故が多い

ウバ配達員のTwitterを見ていると、普段から事故の様子が流れてきます。

自分も含め、経済的に裕福とは言えない配達員も多かったり、まさに満身創痍といった感じ。

不遇な配達員同士、困ったときは助け合うべきです。

 

普段からチップをもらっている

今回田中配達員に高額な寄付が集まった背景として、配達員の文化も影響していると思います。

ウバ配達員は普段から「チップ」をもらって活動しています。

病気の方にお見舞いするのは「チップ」とは別なのかもしれませんが、普段から人の善意を受け取っている配達員は、「誰かのために無償の支援をする」ということに抵抗が少ないのではないでしょうか。

 

病気の時にいくらお金があってもいい

今回の騒動で批判的な方の中に「借金なんて嘘だ」「保険適用されれば十分」といった意見が見受けられました。

これは冷酷すぎると思います。

たとえ保険がいくらか入ったとして、さらに援助があればあるに越したことはありません。

まして田中氏はガチで生活に困ってるようであり、生活を立て直す費用として、少しでも援助したい、というのは自然な感情ではないでしょうか。

 

詐欺とか言って正義感ひたってるやつは反省しろ(まとめ)

田中ウバ配達員支援金騒動について、できる範囲で調べてきた様子をお伝えしました。

田中氏本人に会えなかったのは残念ですが、病気で苦しんでる人に会うというのもそもそも変なので、ここまでが精一杯だと思います。

集まったお金なども活かして、なんとか無事に回復してほしいです。

 

一目見て「詐欺かな?」と思うのみならず、「これは詐欺だ!」「注意喚起!」等の行動を取っていた方は、反省すべきと考えます。

確かにTwitter上に詐欺があるのは事実かもしれませんが、詐欺でない善意まで叩く意味が分からないです。

「詐欺(っぽいもの)を告発することは正義」と考えているのかもしれませんが、人は「正義」という大義名分を得ると暴走する傾向があります。

自分のしていた「正義」が本当に正義だったかを考え、各自行動してほしいです。

 

では今回は以上になります。

この記事がいいなと思ったらツイートに「いいね」「リツイート」いただけると励みになります。

ありがとうございました!

 

 

注目されている記事
自転車 【配達始める方向け】Uber Eats配達にオススメの自転車を価格別に紹介します【ママチャリはだめ?】 3000回配達の私がウーバーイーツ配達で使っているアイテムや必需品を紹介【配達を始める人へ】 カード会社の社員だった自分が友達に「結局何のカードがいいの?」と聞かれた時に答えていたカードを紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です