1900回以上配達の私が使っている装備公開中!
読むにはここをタップしてけろ

Uber Eatsの確定申告ができる会計アプリfreeeの使い方を解説します【配達パートナー必需品】

つちやみ

配達パートナーは確定申告が必須となっています

つちやみ

フリーというアプリがめちゃくちゃ便利だったので紹介していきます!

freee(フリー)とは

freeeとは中小企業や個人事業主向けに、会計ソフトを提供する会社です。

会社名は「freee株式会社」で、サービス名が「freee」です。

金融をITで解決する「フィンテック」という分野が流行っています。

freeeは日本を代表するフィンテック企業です。

ウィキペディアを見ると、Google出身の方が創業したとあります。

自分は就活の時に「有名なフィンテック企業なんだ」と知りました。

そんな感じで、大手企業なので、安心です。

参考 freeeWikipedia

報酬と経費を記録する

では実際にフリーを使って報酬と経費を記録する方法です。

確定申告では大きく分けて、

  1. 報酬と経費を記録する
  2. 確定申告する

の二つの手順が必要です。

報酬と経費の記録は、毎週しておくのが楽です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告は難しい?方法を分かりやすく解説してみた【動画とアプリでやろう】

報酬を記録する

freee1

アプリを立ち上げると「取引を登録」という場所があります。

ここから報酬を記録できます。

 

freee2

「収入」or「支出」のどちらかを選びます。

今回は報酬なので「収入」を選びます。

勘定項目は「売上高」を選びます。

 

金額はウーバーのアカウントを見ると楽です。

ウーバードライバー or WEBサイトから、毎週の報酬がチェックできます。

オススメはPCで報酬を確認しつつ、スマホでフリーに入力していくことです。

スマホだけでも頑張ればできます。

経費を記録する

ヘルメットやスマホホルダーなど、ウーバーをするために買ったものは経費にできます。

経費を多く申告すれば、それだけ節税になります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告は難しい?方法を分かりやすく解説してみた【動画とアプリでやろう】

 

freee3

経費を登録するときも、報酬と同じように

「取引を登録」というところから登録できます。

さらに経費の場合、

「レシートを撮影して登録」という機能が使えます。

レシートを撮影するだけで、経費が登録できます。

金額だけでなく、

  • 勘定科目
  • 発生日

も推測してくれるので楽です。

スターターコースだと月に5枚しか撮影できないので、

撮影機能を使いたい場合はスタンダードコースにしましょう。

コースについてはこのあと解説します。

ここまでの説明でOKならfreee公式へ

自動で確定申告をする

ここからは確定申告の時期が来てからの手順です。

毎年1〜12月に発生した報酬と経費を、翌年の2〜3月に確定申告しなくてはいけません。

確定申告の書類を税理士さんに頼むと数万円かかりますが、フリーなら無料です。

 

freee5

アプリを開くと「確定申告をはじめましょう」という場所があります。

 

freee6

タップすると確定申告の手順が出てきます。

難しいことはなく、1番から順番にやっていくと、書類ができます。

書類はPDFファイルで完成するので、印刷して税務署に持っていきます。

 

アプリで書類を作る時は、

「他に本業の収入はありますか?」

といった質問をされるので、その通り答えていくだけです。

自分も確定申告の仕組みはよく分かりませんでしたが、アプリが勝手に書類を作ってくれました。

税務署から特に指摘されることもなかったです。

フリーの料金は

フリーを使えば、かなり楽に確定申告できることを紹介しました。

最後に気になるのはアプリの料金だと思います。

freee7

freee8

コースは3種類

フリーのコースは

  • スターター
  • スタンダード
  • プレミアム

の3種類です。

スマホアプリに課金する訳でなく、フリーのアカウントを利用する料金です。

アカウントの一つの機能として、スマホアプリも使える、という感じ。

なのでPCからでも、色々な機能が使えるようになります。

どのコースも無料で始められるので、とりあえず使ってみて、使いにくければ解約しましょう。

スターター

とにかく安く済ませたい人はスタータープラン

スタータープランでも報酬・経費の記録や、確定申告は普通にできます。

メール・チャットサービスも使えるので、何かあったら問い合わせできます。

スタンダード

レシートの撮影機能などを使いたい場合はスタンダードプラン

経費にできる飲み物代などをバンバン撮影しておくことで、節税になります。

収入・支出の様子をレポートにできるので、毎月のモチベーションも保ちやすいです。

メール・チャットは、スタータープランより優先対応してくれます。

スタータープランより年間で1万円くらい高くなってしまいますが、

税理士に相談した場合何万円もかかります。

税理士に相談しなくても済むのに、この値段と思えば、全然安いです。

プレミアム

電話サポートを利用したい場合はプレミアムプラン

他のコースと違い、電話で相談できるようになります。

税金について相談したいことがある場合は、心強いです。

個人的にはスタータースタンダードのどちらかでいいと思っていますが、

電話対応してほしい人は検討してみましょう。

税理士に相談するよりは全然安いので、考える価値はありそうです。

公式サイトでコースの説明を見る

フリーは配達パートナー必須アプリです(まとめ)

  • ウーバー公式
  • 税理士ユーチューバー大河内さん

に紹介されていたので使ってみましたが、かなり便利でした。

アプリを使わずに確定申告するのは無理だったと思います。

2019年度は確定申告の時期から使い始めましたが、

2020年度は普段から記録しています。

 

多少お金がかかってしまいますが、確定申告にかかる手間を考えれば安いです。

そもそも

  • 節税になる
  • 税理士さんに依頼しなくていい

ので得になると思っています。

 

皆さんもフリーを使って、楽に確定申告&節税してもらえたら幸いです。

では今回は以上になります。

この記事がいいと思ったら、下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。

ありがとうございました。

freee公式サイトへ飛ぶ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です